福岡県三郡山地縦走(西鉄大宰府駅からJR篠栗駅まで)

6月7日早朝、4時起床。前日にコンビニで購入したおいた鶏肉パスタを食べる。
4:50 宿泊場所をチェックアウト。薄暗い通りを歩く。
画像

西鉄二日市駅へ。一発で行き着く。昨夜、この地域をリングワンデルングしながらおそらく10キロ近く歩いて道をチェックしたかいがあった(十二分過ぎる事前トレーニングであった)。駅近くのコンビニで朝刊朝日新聞を購入して、レターパックに入れ、それをポストへ。この時間帯、地方紙はまだ配布されていない。小雨がぱらついている。
5:21 大宰府行きの電車に乗る。
5:26 大宰府駅着。ぬあんと、乗客は10人ほどいたのに降りたのは俺一人であった・・・考えてみると不思議である・・・ターミナルステーション(終着駅)なのになぜ降りない!?(「なぜうたない!?岡野!」じゃないけど。で、初めての土地をぼちぼちと早歩きで大宰府天満宮へ。道が分からない。途中でおばちゃんに尋ねる。宝満山(ほうまんざん)へ行くというと、「私も行ったことがある。そのときは奇跡のように金印が発見された志賀島が遠望できた」という話をしてくれる。親切なことに数百メートルも先まで案内してくれる。多謝!
5:40 トンネルをくぐる。
画像

画像

道路から宝満山が見える。住宅街の脇を歩く。カップルが上から歩いてくる。夫とおぼしき人物はおそらく西欧人で、俺に何か英語みたいな言葉で挨拶。「おはようございます」と日本語で返す。道路から宝満山がみえる。
画像

5:50 竈門(かまど)神社
6:00 林道に出てからすぐに登山道。
6:12 鉄塔。
6:15 池。
6:25 次々と高齢の男性が下山してくる。
その中のお一人との会話:
「毎日登るのですか」
「いやー、毎日というわけにはいかんな。けど概ね朝飯前には登ることが日課になっている」
別のお一人との会話:
「いつも登られるのですか」
「そりゃー毎日登る。今日は天気がやや悪いので人数が少ないが、普通はもっと沢山の人たちが朝から登る。みんな顔見知りで、1日休むと殺されるかもしらん」
「(俺・・・引きつった笑い)」
「冗談はおいて、俺は高脂血症で頸動脈の手術も受けて、最近胃がんで3分の2を切り取った。でもこの山のおかげで元気でいられる。この山は俺の医者じゃ」。
6:42 水場。この水は夏場でも涸れそうにない。途中の階段。この山は結構「階段」というか石段が多くある。さすが古代からの信仰の山だけある。
画像

7:26 宝満山。高齢の女性が一人。山頂で休んでいる。本日の早朝登山の最後の方のようだ。これからの先の状況をいろいろと尋ねる。親切に教えてくれる。このおばちゃんに駅から1時間で来たと言って、びっくりさせてしもた。メモの見間違い。2時間でした。ごめんなさい。
7:32 宝満山出発。雨がひどくなりそ。お先真っ暗だ。
画像

画像

7:44 仏頂山。
画像

8:08 頭巾山。快適なトレイル。
画像

変な看板。この山の中でどうやって119番する!?一応周囲を見回す・・・公衆電話はなかった。
画像

三郡山まで気持ちのよいトレイル。
画像

画像

画像

8:21 三郡山は実に興ざめなほど人工物が多い。順路がいささか分かりにくいが何とか砥石山方面への道を見つける。三郡山手前の右側斜面の水場は水が細い。冷たい水だけど、夏で渇水期が続くと涸れないか心配。
画像

画像

途中のトレイルとツツジ。
画像

画像

画像

9:08 前砥石山。自然の山の山頂らしい山頂。ここで初めて長時間の休息。果物ゼリー2カップを胃袋に収める。
画像

人工物があまりないので気分が落ち着く。
画像

博多の街方面。
画像

辿ってきた三郡山方面。
画像

これから行く砥石山方面。
画像

9:18 前砥石山を出発。トレイル5枚。
画像

画像

画像

画像

画像

9:34 砥石山。
9:47 鬼岩谷通過。
10:07 ショウケ越え通過。小雨。ウィキの解説によれば、「福岡県糟屋郡須恵町と飯塚市をまたぐ峠である。案内標識などにはショウケ峠という表記も見られる・・・中略・・・ショウケとは、竹で編んだザルの一種(笊笥(そうけ)が訛ったもの)で、神功皇后が現在の宇美町で応神天皇を出産した際にショウケの籠に入れて峠を越えた事からその名が付いたとされる。」
画像

疲労が溜まったきたせいか、ここからがやや足が重くなる。
10:45 若杉ヶ鼻。
画像

駆けてきたルートは雲の中。
画像

10:50 若杉山。
画像

途中のこんな鳥居がいっぱい。大陸の影響!?
画像

12:07分、JR篠栗駅着。若杉山からの下りはほとんど舗装道路で概ね走りきる。膝等の痛みなし。下界に下りたところで、道が分からずあちこち無駄に走り回った。
▲タイム1:大宰府駅から篠栗駅は約6時間半。
▲ タイム2:竈門(かまど)神社から若杉山までは5時間。
◆森林限界:900メートルを超えても全く森林限界にならない。800メートル程度の標高でツバキ(ヤブツバキ!?)の森もあった!
◆痙攣:帰りの新幹線で左脚大腿部内側の筋肉が痙攣!20分継続。
◆ザックの重さ:10キロくらい。
 帰りは福井駅から自宅までママチャリ。明るいうちに帰宅できました。今回は筋肉疲労はあったが、腱や骨の痛みなし。今後の体力トレーニングは必要だが成果は現れつつあるようだ・・・フッフッフッ!(一人笑い)









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック